20代女性‥頭痛

主訴:激しい頭痛と嘔吐

数日前から激しい頭痛が続き、嘔吐もあったので病院に行き検査を受ける。

肩こりとストレートネックの兆候があるが、特に異常は認められないということで、筋肉のこりを緩める薬と鎮痛薬を処方される。

処方された薬を飲んでも痛みがあまり治まらず、吐き気も常にある感じなので少しでも楽になりたいと来院。

頭を動かすと痛く、気持ち悪くなるということなので、本来なら立位で検査・調整するところを座位で検査・調整。
僧帽筋の緊張が相当なものだったので、座位で肩から背中にかけての緊張を取る施術。

少し体が緩んできたところで、伏臥位になっていただき肩から背中にかけて調整。身体に強さと動きが出てきたので、仰臥位で顔、首の調整をして終了。

施術後の感想ー「ずいぶん楽になりました!ホントどうしょうかと思ってました。でも、これで明日から仕事に行けそうです。」

しばらく心身ともに無理をされてたようで、かなり疲れが溜まっている様子でした。病院では緊張性の頭痛と診断されたらしいですが、症状などをお聞きする限りでは片頭痛ではないかなと思いその対応をしました。

来院時は、頭が痛く気持ち悪いのでとても歩くことが出来ず、家族の方に車で送られてこられましたが、施術後は歩いて帰られました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です