自律神経失調症による不調でお悩みの方に

自律神経失調症とは?

京都府舞鶴市で自律神経失調症の緩和・改善で多くの方にご利用いただいている【舞鶴市の優しい整体マッサージ】小林カイロプラクティック整体院です。

自律神経失調症について症状、原因、治療方法などをまとめてみました。
自律神経の乱れによる体調不良でお悩みの方は、一度、目を通していただければと思います。

さて、自律神経失調症という言葉はよく耳にしますがどのような病気なのでしょうか?

 

自律神経失調症は、正式な病名ではありません。

自律神経のバランスが崩れてしまってつらい症状があるが、内臓等の機能に生理学的な異常が認められない場合に自律神経失調症と診断されます。

ですから、「病名」というよりは「状態」になります。

つまり、体のどこにも異常が認められないが
自律神経のバランスが崩れていることによって
不快な症状が出ているのだろうという状態を自律神経失調症といいます。

自律神経は全身の様々な器官の働きと関わる神経なので
そのバランスが崩れることでおこる症状も、人それぞれで様々なものになります。

その人の体質によっても、自律神経失調症の表出する症状が変わってきます。

腹痛や下痢といった胃腸症状が出やすい方もいれば
頭痛や吐き気などの症状が出やすい方もいますし
動悸や息切れなどの循環器系の症状が出る方もいます。

そして、多くの方に身体症状だけでなく、精神症状も認められます。
心と体は密接に関係していて、内分泌系や免疫系などとも相互に関与しています。

ですから自律神経失調症では、心身共に様々な症状が認められます。

自律神経失調症の症状は一人一人違い、上記のほかにも、いろいろな症状があります。

自律神経とは、いったい何でしょうか?

私たちの体には、自分の意志で動かせる部分と
自分の意志で動かせない部分とがあります。

手や足は、何かの病気やケガがない限りは自分の意志で自由に動かすことができます。

しかし、心臓の動きや胃腸の働きを自分の意志でコントロールすることはできません。

意志でコントロールでき知覚や運動をつかさどる「体性神経」に対して
自分の意志では動かせないけれど
生命活動に関わる重大な部分の働きを自然にコントロールしているのが「自律神経」です。

自律神経は、私たちの意識や状態に関係なく24時間休みなく働き続けます。

その働きのおかげで睡眠中も心拍や呼吸が止まることはなく
消化器官は栄養を分解して体に蓄え
日々の活動に必要な準備を整えながら過ごすことができます。

また、外気温の変化に合わせ、体温や体内湿度の調節を行うのも自律神経です。

調節のための発汗や血管の収縮、血液量の変化なども
自律神経が各組織に作用してその働きを調整しています。

その調節機能が乱れると必要以上の汗が出たり
反対に汗をかけなくなったり
冷えやのぼせなどの症状がおこるようになります。

自動的な働きを持つ自律神経は
人間が生きていくうえで絶対に欠かせない非常に重要な存在で
この働きのバランスが乱れれば
様々な心身の不調がおこるようになってしまいます。

交感神経と副交感神経

自律神経には交感神経副交感神経の2つの種類があります。

  • 交感神経は主に「外での活動を中心に担う神経」=「心身を緊張させ、興奮状態に導く神経」です。
  • 副交感神経は、主に「内部の生体活動を中心に担う神経」=「心身をリラックスさせ、鎮静状態に導く神経」です。

交感神経は、心拍数を増やしたり、血管を収縮させて血圧を上げたり

消化器の働きを抑えたりするなど、心身を緊張させる方向へと働きます。

 

副交感神経は、心拍数を減らしたり、血管を広げて血圧を下げたり

消化活動を活性化させたりするなど、心身をリラックスさせる方向へと働きます。

この2つの神経は24時間、状況に応じて強弱が切り替わり

常に両方が支えあいバランスを取って働いていることが重要で

どちらが強くなりすぎてもバランスを崩して様々な問題が起きてしまいます。

 

このバランスが慢性的に崩れてしまった状態が「自律神経失調症」になります。

自律神経失調症で体調不良を訴えられる方の多くは
交感神経の活動が強くなりすぎて、身体が過緊張状態になっているようです。

これは自律神経の乱れる原因が、強すぎるストレスにあるためです。
ストレスは心身を緊張状態へと導き、交感神経を優位にさせる特徴があります。

 

自律神経が乱れる原因は?

自律神経が乱れる原因は、大きく3つがあげられます。

  1. ストレス
    ストレスには様々なものがあります。
    その中で精神的ストレスが自律神経に与える影響が最も大きいと考えられます。
    ただし、肉体的ストレスが精神的ストレスに与える影響も無視するわけにはいきません。
    同じストレスであっても、人によって受け止め方が大きく異なります。
    そのことから、性格傾向も原因のひとつと考えることもできます。
  2. 生活習慣の乱れ
    生活習慣の乱れ=自律神経の乱れにつながります。
    人間の生活のリズムに従って、自律神経もコントロールされています。
    夜間は副交感神経が優位に、日中は交感神経が優位にとバランスをとっています。その中で生活習慣が乱れると自律神経のバランスも崩れてしまいます。
    また、カフェインやタバコなども、悪影響を与える場合もあります。
  3. ホルモン(甲状腺ホルモン・女性ホルモン)
    女性ホルモンは、脳の視床下部と呼ばれるところがコントロールを行っています。
    視床下部は自律神経系のバランスを司っている部分になります。ですから女性ホルモン
    の影響はとても大きく、毎月の周期的な変動や年齢に伴う変動に伴い、
    自律神経症状が認められやすくなります。

甲状腺ホルモンは、体の代謝を高める働きがあり交感神経を活性化させます。
甲状腺機能が正常に働かなくなるような病気として橋本病やバセドウ病がありますが、
男性よりも女性に圧倒的に多い病気です。

 

自律神経失調症を改善させるためのセルフケア

ストレス対策

  • ストレッチ‥本格的にするのではなく、時間の合間に軽く。(1回につき30秒程度)
  • ウォーキング(散歩)‥体を鍛えるのではなく気分転換を図るつもりで、無理をせずに!
  • 深呼吸‥大きくゆっくりと、時間をかけて息を吐ききってください。
  • 入浴‥シャワーで済ませず、ぬるめのお湯にゆっくり浸かってください。
  • よく笑うこと‥笑うことを意識してみてください。
  • ゆったりとした時間を過ごす‥音楽、アロマの香りとともに何もしない時間を!

生活習慣の改善

  • 生活リズムを整える(夜更かしに注意)
  • バランスの良い食事を心掛ける
  • 運動習慣を身につける
  • カフェイン摂取、飲酒、喫煙に注意する

 

自律神経症状改善・緩和のための施術

自律神経失調症の症状は他の病気とも混同しやすいため
まず最初に医師の診察を必ず受けてください。

医師に「自律神経失調症ですね」「どこも異常がない」などの診断をされ
「様子を見よう」「気のせいだからあまり気にしないように」などと言われ
何も治療がない、いつまでたっても症状が改善しない‥。

でも、「つらくてしんどい!」「なんとかしたい!」という方は当院にご相談ください。

当院では痛い部位や症状を解消することを追わず
からだを整えていくことに主眼を置いた施術を行います。

からだが整っていけば痛みや症状は軽減されていくと考えているからです。

以下のような施術で症状の改善・緩和を図っていきます。

1.カウンセリング

当院の治療はお話をお聞きすることから始まります。

何時から、何をきっかけに、どのような症状が、どんな状況で表出したのか。

発症からの現在までの状況、発症に至る自分で思い当たる原因、どのようになりたいのかなど

じっくり時間をかけてお話をお聞きします。

 

2.身体の歪み、捻じれのチェック

自律神経のバランスが乱れて体調を崩している方は、
10人が10人共と言っても過言ではないくらい身体の歪みとねじれが生じています。

身体の歪みやねじれが生じる原因としては、まず第一に筋肉の拘縮が考えられます。

体に無理のかかる姿勢を続ける
同じ姿勢で一定時間を過ごす
不安定な状態で作業をする
急激な運動を行うなどの理由で体に負担をかけると

必ず体のあらゆるところで筋肉の拘縮が起きます。

筋肉の拘縮が、寝違えやぎっくり腰、または
筋肉痛などの一過性の症状で終わればいいのですが
ほとんどの方が慢性的な肩こりや背中のこり、腰痛になってしまいます。

何故、慢性的な症状になるのか?
急性期の治療やその後のケアを十分行っていないことなども
原因になりますが、ほとんどが生活習慣によるところが大きいようです。

何気ない日常の動作、姿勢に一番の原因があると断言できます。

身体の歪みやねじれを観察しチェックしていくことで
生活習慣を振り返っていきます。

日常の生活習慣を振り返ることで
筋肉が拘縮する原因を突き止めていきます。

 

3.バランス調整

慢性的な症状=筋肉の拘縮をそのままにしていると
ストレスなどが重なり
自律神経のバランスを崩しやすくなります。

身体の状態を確認しながら
全身の筋肉や骨格、関節のバランスを整えていきます。

バランスを整えるだけでも症状が落ち着くこともあります。

 

4.オリジナル整体「正体法」による調整

バランスを整えたあと、正体法により調整していきます。

正体法とは、的確な部位に程よい刺激を加えることで自己免疫力を発揮させる
当院のオリジナル整体です。

 

背骨の脇の筋肉(脊柱起立筋)の拘縮や肋骨が凝り固まってしまって硬くなっているのを、優しくしなやかにしていきます。

  • 脊柱起立筋は拘縮し凝り固まると体に力が入ってしまい、交感神経が優位になりやすくなりリラックスしずらくなります。
  • 肋骨が硬くなると動きが悪くなり呼吸が浅くなります。

身体の背部をしなやかにすることで交感神経の働きを抑えると共に、副交感神経の働きを促すことが出来ます。

 

鎖骨や胸骨、胸筋などの調整と頭部、胸鎖乳突筋周辺の調整でリンパ液や脳骨髄液の流れを促します。

  • 漠然とした不調やめまい、耳鳴りなどを訴えられる方は体液の滞りが感じられます。
  • 頭部は過緊張を起こしカチカチに固まっている場合が多いです。

しなやかさを取り戻した身体は体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の循環もスムーズになり自己免疫力が高まります。

自己免疫力が高まると、身体は自ら良くなろうとして行きます。

それにつれて自律神経も安定してきます。

 

一回の施術で効果を実感できる方もいれば

効果が出るまでに時間がかかる方もいらっしゃいます。

ほとんどの方にしっかりと効果を感じてもらい

定期的に通院していただいています。

 

当院の施術は治す施術ではなく

身体を良くなろうとする方向に導いて
サポートする施術です。

よって、私が治すのではなくあなたの体が治すのです。

私は治ろうとする身体の手助けをするだけです。

治してほしいという人任せではなく
自分で治してやろうという気概で
一緒に自律神経失調症を克服しましょう。

基本的には自律神経のバランス改善=体質改善になります。

少し時間がかかることもあります‥
しかし、無理せず、焦らず、コツコツと続けることが
症状の改善や体調を回復する最良の方法です。

 

まずは自律神経失調症解消メソッド(3回コース)をお試しください!

ご予約時に「ブログを見て」とお伝えください。

  • 自律神経失調症解消メソッド(3回コース)で効果を実感してください。
    このブログを読んでいただいた方だけへの特別料金でのご提供です。
  • 3回終了後は症状に応じた施術プランを提案させていただきます。
  • 整体施術(40分 6,000円)での定期通院
    回数券(6回・10回)を利用しての定期通院もお勧めします。

初回ご来院時に
症状に応じた、ご自分でできるセルフケアなどもお伝えします。

当院の施術と合わせてセルフケアされることで
より一層効果が実感でき、症状の改善も早まると思います。

 

参考 自律神経症状 肩こり 肩こりでお悩みの方へ めまい 頭痛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です